トップ / 水素水サーバー導入するなら効果的な飲み方

水素水の作り方とは

水素水サーバー導入するなら効果的な飲み方

水素水サーバーを使うなら効果的な飲み方

水素水を飲むのなら、できるだけ効果を発揮させる飲み方をしたいですね。水素水で一番大切なことは、水素水サーバーから出した水はそのまま置いておかずに、生成後早めに飲みきるということです。水の中に溶け込んだ水素はほっておくと少しずつ抜けてしまいます。ペットボトルなどに入れて持ち歩いてもどんどん水素量は低下してしまうため、十分に効果を発揮することが出来ないのです。

水素水は、美容や健康のために飲んでいる人が多いかと思いますが、一気に飲むことはあまり意味がありません。水素水自体は水ですので副作用はありませんが、まとめて飲んでも胃腸に負担をかけるだけです。人によってはお腹がゆるくなったり、トイレが近くなることもあります。摂りすぎたとしても、過剰な水素は呼吸などから排出されていきます。

1日に効果が期待できる水素量は2.0mgと言われていますが、これは1ppmの濃度の水素水の場合には2リットルということです。この量を目安に1回にコップ1杯程度の量を何回かに分けてこまめに飲む飲み方のほうが、体にも水素が吸収されやすくなります。

水素水のデトックス効果からトイレが近くなるため、就寝前は水素水を控えて下さい。それ以外はいつ飲んでも良いのですが、水素は体内の活性酸素と結合して排出する作用があると言われていますので、効果を発揮できる飲み方は活性酸素が発生しやすいタイミングで水素水を飲むことです。

活性酸素は体を酸化させる物質で、老化の原因になります。運動した後、紫外線を大量に浴びた後、飲酒喫煙の後や、ストレスを感じたり睡眠不足の時などに活性酸素は多く発生しています。飲む量とタイミングを意識して、必要な量だけ水素水サーバーから出して飲むことで、活性酸素から体を守ることができますね。

Copyright © 水素水サーバーで自宅で水素水を作る All rights reserved