トップ

水素水の作り方とは

水素水サーバーで自宅で水素水を作る

水素水サーバーは作りたての水素水が飲める

安心安全な水素水を飲みたくて調べています。アルミパウチで販売している水素水ではなくて、手軽に作りたての水素水を、自宅で飲む方法はあるのでしょうか。

水素水は1800年にイギリスで発見されて、1965年には厚生省から整腸効果も認められた健康に期待できる水です。普通の水とは違い水素を多く含んでいる水で、水素豊富水と医学的には呼ばれています。

水素は非常に小さい粒子から出来ていて、構造もシンプル、世界最小の物質です。そのため体内に取り込むと体を構成する細胞の隅々まで行き渡ります。体内では体の老化の原因物質の活性酸素と結合して水となって排出されます。

健康のためになら飲み続ける必要がありますが、市販の水素水は毎月コストがかかりますし、自分で作ることが出来れば安く済みます。購入した水素水の場合には、置いてあるうちに水素が抜けていってしまいますが、自宅で作るなら作りたての水素水がいつでも飲めます。

自分で水素水を作る方法としてはマグネシウムスティックで水道水から作る方法と、電気分解で水素を発生させる水素水サーバーの2種類があります。マグネシウムスティックは、水とマグネシウムの化学反応で水素を発生させるもので、スティックを入れた容器に入れることで水素を発生させることができます。

ただ十分な濃度の水素水が出来上がるまでに8時間ほどかかります。同時に水素だけではなく水酸化マグネシウムも発生するため、過剰摂取すると肝硬変やアルツハイマー、不妊症などのリスクもあります。自分で作る時には純度の高いマグネシウムスティックを使わなくてはいけません。

水素水サーバーでは、電圧によって電気分解された水素水を飲むことが出来ます。電気分解した水素イオンは、そのままでは結合して水素分子になりやすく、空気中に逃げていってしまいます。そのため水素イオンを水に溶け込ませています。

水素水サーバーならこちら 毎日飲むならコレ!水素水サーバー比較 水素水サーバー選びでお悩みの方はこちらのサイトがおすすめです
電気分解で発生した水素は粒子が小さいため、体内の活性酸素とも結合しやすいというメリットがあります。また水素水サーバーは、マグネシウムスティックとは違い不純物を含まない水素水を飲むことが出来ます。

安心感から私が選んだのは水素水サーバーです。マグネシウムスティックは1度購入すれば何度も水素水が作れる手軽さはありますが、生成に手間と時間がかかるだけではなく、マグネシウムを取りすぎるリスクも気になります。水素水サーバーは設置するために費用はかかりますが、長い目で見れば初期費用も回収できますし、水自体にこだわって飲むことが出来ますし、いつでも飲みたい時に飲めて便利ですね。

ウォーターサーバー型の水素水サーバーの場合、生成された水素水は一度タンク内に貯められます。サーバー内で作られた直後は濃度も高いのですが、サーバーの構造上出来上がってすぐの水素水ではなくて、生成後しばらく経過した水素水が出てきます。実際の水素濃度は、記載されている数値より低くなってしまいます。

ウォーターサーバー型では水自体の品質管理もされているため安心感がありますが、サーバーの機能によっては水素濃度が低くなるデメリットはあります。冷水温水が供給できるサーバーは便利ですが、温水のほうでは水素水はほぼゼロに近い状態です。ウォーターサーバーには天然水など好みの水から選んで飲めるので、美味しい水素水が飲めます。

水道直結型の水素水サーバーの場合、蛇口から出てくる水道水を使ってサーバーで水素水を発生させます。ボトルの交換が不要で、水道水を飲むように水素水を飲めます。本体にRO浄水システムも搭載していれば、不純物を取り除いた水素水を飲むことも出来るのです。

Copyright © 水素水サーバーで自宅で水素水を作る All rights reserved